成年後見制度


例えばこんな時に

悪徳商法などにかかり
高額なものを買ってしまった
二度とだまされないように
したいのだけど…
障碍をもつ子供の将来
が心配。財産分与や
その管理を両親の死後
どうしたらいいだろうか?
認知症の母親が経営
しているアパートの管理
や、不動産を売却して
入院費にあてたい。
寝たきりの父親の
預金を勝手に引き
出す兄、他の兄弟
からは財産管理を
疑われている。
ひとり暮らしなので
老後がチョッと心配
施設に入るための
契約や、支払い等の
支援を頼みたい。


成年後見制度利用までの流れ

法廷後見制度
認知症、知的障碍、精神障碍などにより
判断能力が十分でないため、財産の管理や
福祉サービスの契約が一人ではできない
任意後見制度
将来に備え、公正証書で代理人
(任意後見人)と契約を結ぶ
           申し立て(家庭裁判所
判断能力が不十分になったとき
●後見・補佐・補助の申し立て
※申し立ては本人・配偶者・4親等内親族・市町村長等
●任意後見監督人選任の申し立て
※申し立ては本人・配偶者・4親等内親族・任意後見人等
審判手続(家庭裁判所 )
審問:必要に応じ、家事審判官(裁判官)による事情の聞き取り
調査:家庭裁判所調査官による調査(申立人、本人、後見人等候補者)
鑑定:後見と補佐は、本人の判断能力について鑑定
審判(家庭裁判所)
後見人等の選任
支援の開始

戻る